最近は、コンピュータ分析でも、パスの成功率、そして、ディフェンスした時のボールの奪取率までPCで分析できるようになっている。

だから、現代サッカーは、ある程度、フォーメーションなどの戦術については誰がやっても同じになっていて細かい選手のいれかえやフォーメーションの変化などの微調整の部分で勝負が決まる。

つまり、この微調整の部分を監督が担うわけだ。

今のところ、経験豊富な外国人の指導者の方が、このカンともいえる微調整の部分に関しては日本人指導者に比べて数段上と言える。

しかし、この技術についても3年あれば、日本人指導者の方が外国人指導者よりも優れた采配をふるう可能性が出てきた。

サンフレッチェ広島は、非常に創造性が高く、集中力の高い守備でJリーグで最も強いチームの1つだ。先日のトヨタカップでも、リーベルにもう少しで勝てるところまでのチーム力を証明した。

サッカーの面白さで言えば、もう、リーベルをはるかに超えている。

広島の監督は、森保監督で日本人だ。外国人の監督ではない。すばらしい采配をふるっていた。

3年もすれば森保監督のような優秀な監督がどんどん出てくるに違いない。これから出てくる日本人監督はファミコンで頭が鍛えられているゲーム世代の人たちだ。

創造性では世界一の人たちが面白いサッカー見せてくれるに違いない。

監督だけではない選手たちも、どんどん、ゲーム世代の人材が出てくる。今の子供たちなどは、スマホのゲームに夢中になっていて、非常に面白いゲームに夢中になっている。

男の子だけではない。女の子もシャドウバースなどの今までになかったような面白いスマホのゲームを楽しんでいる。これから、ゲーム世代のサッカー選手がメッシのような面白いサッカーを楽しませてくれると思う。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>