2014年ドイツがワールドカップでブラジルに大量得点で勝った試合はこれから何十年も世界サッカーの歴史で語り継がれるはずだ。

あの試合、ブラジルは徹底してドイツのコンピュータ分析により分析されていた。

細かいデータの集積により守備のパターンを読まれてしまいすばやいパスワークでどんどん点を奪われてしまった。

技術、体力では互角の両者でもコンピュータによる分析力では10年ぐらいの差があったのだ。

この時、ブラジルの監督だったのが、名将スコラーリだった。今は広州恒大の監督だ。驚くべきことに、日本のサンフレッチェは、このスコラーリ率いる広州恒大にトヨタカップで勝利した。

ブラジル代表クラスの選手を3人もそろえる広州に広島が勝つとは誰が予想できただろうか。

ここにも、緻密なコンピュータ分析があったのだ。もともと、コンピュータの分析力に関しては日本は世界最高で、優秀な技術者はたくさんいる。

彼らの分析力が広州に勝ったのだ。

この世界に冠たるコンピュータによる分析力は、日本がゲーム大国だからこそ実現できるのであって大学や高校などの教育がいいから実現できているわけではない。

であるからして、今のオタク向けのオンラインゲーム人気などは歓迎すべきなのだ。

今から5年後ぐらいに、エルダースクロールズオンラインなどのオンラインゲームに夢中になったオタクたちが、プログラマーになり優秀なサッカー分析をどんどんやってワールドカップで日本代表の勝利に貢献してもらいたいものだ。

それに驚くべきことがまだある。日本人の食生活が変わってきたということだ。いろんなコンピュータ分析によりサッカー選手たちは非常に栄養価の高いサプリメントや健康食品をとりいれることができている。

驚くべきことにこういった日本のJリーガーの選手たちの効果的な食生活のやり方などはブログで配信されるとあっとういう間にユースの選手たちや少年サッカーの選手たちにひろまっていく。

これは日本がもうすでにスマホ先進国だからなのだろう。

現在、極めて安い格安スマホがすごい勢いで普及している。トーンモバイルなどの格安スマホ会社のサービスももはやキャリアと同等のクオリティーのサービスをキャリアの半値以下で提供している。

この動きはサッカー選手間の情報の伝達スピードを加速させて日本サッカーのレベルを急速にレベルアップするに違いない。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>